リサイクルトナーとは経費削減の友│保証や信頼性もチェックしよう

プリンター

経費削減に役立ちます

印刷

リサイクルトナーとは、リサイクル業者が純正カートリッジを回収・分解・洗浄し、トナーを充填した商品です。ただ、リサイクルトナーを使用すると、プリンターやコピー機の動作不良の確率がどうしても高くなりますので、使用する場合は、できるだけ品質の良いものを選ぶことが重要です。

詳細を読む

格安インク

印刷

互換インクという凄まじい安さのプリンター用インクが存在する。これは純正品ではなく、十分な検証を経ずに流通しているインクだ。そのためトラブル報告も多い。だが用途はいくらでもある。サブ機のプリンターや古いプリンターにとってはコスト上ベストな選択となるだろう。

詳細を読む

印刷代を節約したいとき

印刷

互換インクとは、空のカートリッジにインクを詰めなおしたもので、純正品に比べて安価に購入できるというメリットがあります。多数のメーカーが互換インクを販売していますが、選ぶポイントとしては、インクの品質と保証があげられます。

詳細を読む

印刷コスト低減のために

互換インクの性能や価格を徹底検証しているのがこちらのサイトです。激安価格で利用することができるものをゲットすると良いでしょう。

特徴について教えます

プリンター

レーザープリンター(及びコピー機)とは、印刷にレーザー光とトナーの入ったカートリッジを用いるタイプのプリンターですが、使用済のトナーカートリッジは、トナーを補給して再調整することでふたたび使用可能になります。リサイクルトナーとは、この再調整したトナーカートリッジ、つまり再生品のことです。リサイクルトナーは製造メーカーが再生したものと、サードベンダー製のものに大別されます。製造メーカの再生品は品質も比較的安定していますが、サードパーティー製のものには大きなばらつきがあり、一部(特に海外製品)品質が著しく劣るものも流通しています。各種認定基準(ISO9001、E&Q、STMCなど)を満たし、保証のしっかりした製品を購入する必要があります。

利点と欠点は何でしょうか

リサイクルトナーの利点とは、純正品に比べて価格が圧倒的に安いことです。これは純正品のメーカーがプリンター本体を格安で販売する一方で、トナー等の消耗品に大きく利益を載せているためです。リサイクル品は使用済み部品を再利用し、汎用品のトナーを充填して販売するため研究開発費がほとんどかからず、さらに複数の企業が競争することで、競争が促されて適正原価で販売されるようになるためです。一方リサイクルトナーの欠点とは、一度使用済みになったカートリッジを再使用するため、初期不良の発生率が2〜3%と高くなることです(純正品は1〜2%)。またリサイクル品と純正品の間でカラーの色合いが若干異なる場合もあります。これは双方のトナーの成分が完全に同一でないことに由来します。この欠点、特に初期不良率の高さを解消するため、常に予備品を準備しておく等の対策が必要です。